宿根草・秋植えのすすめ
Webカタログ

「宿根草の植え時期は、いつが最も適しているのか」というご質問を多くいただきます。気候の穏やかな時期であれば、いつでも植え付けができますが、当店としては秋植えを最もおすすめしております。
 宿根草は「冬の寒さ」を庭で経験させることで、一度株がリセットされ、春の芽吹きとともに再スタートを始めます。これが重要です。春に植えるのも良いですが、生育の途中で庭植えをするよりも、その場所で1からスタートさせたほうが、その場所に合った育ち方をするので、適応力もつき「枯れにくい株」に育ちます。特に暖地では、夏の暑さが大敵なので、夏までにどれだけ根を張らせて、適応力をつけておくか、が夏越しのカギになります(暖地では、冬でも温度があるため少しずつ根を張り、株を成長させます)
 多くの宿根草が咲き誇る春~初夏の準備は秋に行うのが基本です。球根植物と同じく、庭植えにして、しっかりと寒さに充てて、春を楽しみに待ちましょう。翌年には株もボリュームアップし、よりたくさんの花を咲かせてくれます。

※ 秋~冬の植え付けは寒冷地は11月までに、暖地では年末までには植えておきましょう。暑さの残る暖地では10月下旬から11月上旬が適期です。

宿根草・秋植えのすすめ